スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菅首相が宮崎の農家視察「国家的危機との認識」(読売新聞)

 菅首相は12日午前、口蹄疫の被害が拡大している宮崎県を訪れ、被害に遭った宮崎市内の畜産農家を視察した。

 口蹄疫の発生以降、首相が被害農家を視察するのは初めて。

 菅首相は、名種牛として知られ、殺処分された「安平」を育てた繁殖農家を訪れ、牧場内などを視察。生活支援の要請を受け、「感染拡大をいかに抑えるかに全力を挙げたい。(経営)再建できるよう手当てしていきたい」と語った。

 その後、宮崎県庁で東国原英夫知事らと今後の対策などを協議。首相は「国家的危機との認識を持っている。政府の責任者として全力を挙げる。必要なことは人、物、金含めて対応していきたい」と強調した。

 鳩山前首相は、宮崎県が4月20日に口蹄疫発生の疑いを発表してから1か月半が経過した6月1日になって初めて宮崎入りしたが、視察は行わなかった。菅首相が就任5日目で現地入りし、被害農家に足を運んだのは、さらなる口蹄疫の拡大が確認されたことを受けたもので、鳩山政権が初動の遅れを批判されたことが念頭にあるとみられる。

 菅内閣では、内閣発足翌日の9日から3日連続で口蹄疫対策本部の会合を開き、首相が「危機管理上の重要な課題として、内閣の総力を挙げて取り組む覚悟だ」と強調している。

口蹄疫 菅首相が宮崎入り 畜産農家で消毒作業視察(毎日新聞)
総連、朝鮮学校無償化へ攻勢 文科省への電話を指示/ノルマ課す(産経新聞)
オウム進出阻止に700人=新拠点警戒、住民集会―東京・足立区(時事通信)
仙谷官房長官「首相とどなり合いしばしば」(読売新聞)
社民が参院選キャッチフレーズ「生活再建まっしぐら」(産経新聞)
スポンサーサイト

自宅に大麻、歯科医を逮捕…尿から覚せい剤も(読売新聞)

 自宅に大麻を隠し持っていたほか、覚せい剤を使用したとして、警視庁小金井署が東京都国分寺市本多、歯科医木内準容疑者(48)を、大麻取締法違反容疑(所持)で現行犯逮捕し、覚せい剤取締法違反容疑(使用)で東京地検立川支部に追送検していたことが29日、わかった。

 同署幹部によると、木内容疑者は今月11日、自宅マンションで乾燥大麻約2・4グラムを所持していた疑い。同署に情報が寄せられ自宅を捜索し、乾燥大麻が見つかった。調べに対し、木内容疑者は「気分転換するために数年前から吸っていた」と供述しているという。

 また、逮捕後、木内容疑者の尿から覚せい剤を検出した。同署で入手先を追及している。

築地市場移転問題で民主が公募案を発表 隅田川に人工地盤?(産経新聞)
昨夏から資金繰り悪化か=従業員給与支払い滞る―200億流れ解明へ・岡本ホテル(時事通信)
年収によって違いはあるの? 地デジの普及率(Business Media 誠)
330m引きずられ死は70歳 逮捕トラック運転手「衝撃あった」(産経新聞)
指名手配の三男を福岡で逮捕 兵庫・明石の女性殺害(産経新聞)

伊良部元投手、米で酒気帯び運転逮捕(読売新聞)

 米大リーグのヤンキースなどで活躍した伊良部秀輝元投手(41)が米ロサンゼルス近郊で酒気帯び運転で逮捕されていたと25日、AP通信が伝えた。

 伊良部元投手は17日、車線からはみ出して駐車中の車に衝突しそうになったところを警察に見つかり、5000ドル(約45万円)を払って保釈された。(ロサンゼルス、霜田聖)

野良猫餌やり訴訟、加藤九段が控訴断念の意向(読売新聞)
農相の「外遊先ゴルフ」を否定 官房長官(産経新聞)
Nokia、09年携帯市場シェア予測を34%へ下方修正
民主複数擁立に「共倒れ」危機? 大阪、京都、兵庫(産経新聞)
両陛下、ハンセン病施設ご訪問(産経新聞)

ねずみ講運営元社長に有罪 京都地裁判決(産経新聞)

 大学生らを勧誘しねずみ講を運営したとして、無限連鎖講防止法違反の罪に問われたインターネット関連会社「ライブリー」(解散)の元社長、柏木文男被告(47)=奈良県斑鳩町=の判決公判が11日、京都地裁であった。

栩木(とちぎ)純一裁判官は「若者を対象に大規模に勧誘しており悪質だが、反省している」として、懲役1年6月、罰金100万円、執行猶予3年(求刑懲役1年6月、罰金100万円)を言い渡した。

 判決で栩木裁判官は「積極的に勧誘活動をしており、重要な役割を果たしている」と述べた。

 判決によると、柏木被告は平成17~19年、元会長の城間勝行(37)と元役員の前田壮一(33)の両被告=いずれも公判中=と共謀。25人を勧誘して代理店登録させ、登録料名目などで集めた計約930万円を配当し、ねずみ講を運営した。

<沖縄の日>怒りの3800人 本土復帰38年の集いで(毎日新聞)
移設決着期限で首相「5月末は国民への約束」(読売新聞)
<狭山事件>検察側が証拠開示…取り調べテープなど36点(毎日新聞)
<口蹄疫>殺処分対象11万頭を突破 新たに15農家で確認(毎日新聞)
タプロスの伸長も国内医療用眼科薬の売り上げは横ばい―参天製薬(医療介護CBニュース)

<NPT会議>紙芝居で「核廃絶」訴え…長崎の高校生(毎日新聞)

 【ニューヨーク錦織祐一】米国の若い世代に核廃絶への思いを伝えたい--。核拡散防止条約(NPT)再検討会議開催中のニューヨークで、長崎原爆で被爆し4月に78歳で亡くなった語り部の吉田勝二さんを描いた紙芝居が上演された。関係者は「核廃絶を考えるきっかけに」と、思いが届くことを願う。

 市内の学校で5日(日本時間6日)、「高校生平和大使」の長崎北高3年、林田光弘さん(18)=長崎市=が、学習障害のある小中高生が通う「チャーチル・スクール」で、吉田さんの半生を描いた紙芝居を上演した。渡米の願いかなわず死去した吉田さん。林田さんは「勝二さんの分も世界に核廃絶を訴えたい」と上演した。

 吉田さんは13歳の時、爆心地から約850メートルで被爆。顔に大きなケロイドが残り、戦後は差別に悩まされたが、周囲の助けで克服し、語り部に。その体験を長崎市の生徒が06年に紙芝居にまとめ、英訳版も作られた。

 上演する林田さんは被爆3世。4カ所での紙芝居上演の最終日となったこの日、生徒ら約50人を前に、吉田さんの被爆状況や戦後の差別を語った。最後に「平和の原点は人間の痛みが分かる心を持つこと」(THE BASIS OF PEACE IS FOR PEOPLE TO UNDERSTAND THE PAIN OF OTHERS)と結ぶと、生徒たちから大きな拍手がわき起こった。

 祖父が原爆製造の「マンハッタン計画」にかかわったというアンナ・リービーさん(17)は「原爆投下はあってはいけないこと。いつか核が廃絶されることを願う」。林田さんは「反応が良くてうれしかった。勝二さんにパワーをもらった」と笑顔を見せた。

【関連ニュース】
紙芝居「真田物語」:全12話、完成 来月3日に上演--九度山町 /和歌山
核廃絶:NPT会議で渡米の市民、証言や紙芝居で訴えへ /広島
きょうの響:紙芝居で被爆証言 戻った記憶、米で上演--花垣ルミさん /京都
核廃絶:被爆証言活動の京都・花垣さん、紙芝居手にNPT会議 学校で上演へ /広島
正岡子規:紙芝居にうっとり 俳句・野球との出会い伝える 松山で上演 /愛媛

3新幹線前年上回る 曜日配列恵まれる GW・東北(河北新報)
<祭礼行列>馬暴れ、6人重軽傷 電車の警笛に驚く? 大津(毎日新聞)
日本認知症ケア学会・読売認知症ケア賞の公募を開始(医療介護CBニュース)
<劇団四季>14年間の常設公演に幕 福岡シティ劇場(毎日新聞)
カニかご150個盗んだ疑い、船長ら逮捕(読売新聞)
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。